無垢板は天板や塗装された小物雑貨の製作に使われる

ヘッダー
天然木・無垢板一枚板テーブルのビルウッド サイトマップ お問い合わせ お買い物方法について

天板を無垢板に利用

加工していない天然の無垢材が見直され始めました。無垢材は張り合わせ加工していない木材なので、表木の性質を維持しています。表面が磨り減っても同じ木が出てくるだけなので、美観を損なうことはありません。

建築材料として使用

日本では高度経済成長により建築需要が伸び、多くの木材が使われてきました。その多くは合板や集成材などの加工した木材です。合板は表面に高価な化粧材を使い、心材は外国産の安い木材を使って板を張り合わせたものです。合板は表面だけが化粧板のため、その部分が磨耗してしまうと内部の心材が姿を現し、美観を損ねてしまいます。また合板や集成材は製造過程で木を張り合わせるために接着剤を使用します。接着剤は有害物質を含んでいることがあり、シックハウス症候群の原因にもなってきました。集成材にも接着剤が使われますが、構造部材に使用された場合は接着剤の劣化により強度が落ちてしまう問題があります。

性質と特徴

合板や集成材の欠点が明らかになるにつれて、加工していない天然の無垢材が見直され始めました。無垢材は張り合わせ加工していない木材なので、表面から内部に至るまで木の性質を維持しています。表面が磨り減っても同じ木が出てくるだけなので、美観を損なうことはありません。集成材のような接着剤による張り合わせではないため、構造部材に用いられても長期間にわたり強度が落ちません。木材は使用方法さえ誤らなければ1,000年以上強度が保たれることは奈良の法隆寺が証明しています。また、無垢板は美観に優れた材料として見直され、さらにカウンターの天板や小物雑貨にも使用されています。

無垢板で天板を作る

無垢材は無垢板としてテーブルの天板などに使用する他、塗装されて小物雑貨としても使われています。天板として使われる無垢板は広葉樹の大木から作られ、使う人々に安心と安らぎを与えてくれます。

種類とその特徴

建築材料として使われる無垢材には、構造材料として、桧、ヒバ、杉、松などがあります。また、造作材としては、ケヤキ、ナラ、カエデ、松、トチなど多くの種類があります。構造材としての無垢材は施工性が求められるため、比較的柔らかい針葉樹が用いられるのに対して、内装の床材として使われる場合や、無垢板として天板に使用されるのは硬い広葉樹が主です。無垢材は木の年輪が表に現れるため、床板や天板に用いる場合は美観も大切な要素となります。手で触れ足で踏んだ場合の肌触りの良さは、本物の木としての無垢材ならではのものです。無垢材は長い間美観を保ち、使い込むうちに光沢も出てきます。

利用方法と加工品

無垢材は無垢板としてテーブルの天板などに使用する他、塗装されて小物雑貨としても使われています。天板として使われる無垢板はセン、ニレ、桜、ケヤキなどの広葉樹の大木から作られ、天板は迫力ある年輪と厚みのある重量感から使う人々に安心と安らぎを与えてくれます。無垢材は他にもベンチ、イス、家具などに使われ、塗装されても肌触りと美しさを保ちます。一枚もので造られたベンチやイスは座り心地が良く、自然の力によって包まれるような安心感を与えてくれます。小物雑貨の塗装品としては、トレーや皿、小物入れやトイレットペーパー入れなどがあり、職人が造る天然の味わいが魅力です。



無垢板や天然木の製作物やその塗装について

よく塗装した無垢板を使ったカウンターなども見かけますが、あるだけでどっしりとした存在感があり、ムードを演出してくれます。高価なものになりますが、耐久年数も長く、アンティーク感も増していきます。


無垢板とこだわりの塗装を使用したオーダー家具

オーダー家具を無垢板で作ると、一枚一枚それぞれの味が出て唯一無二のものが仕上がります。長く利用できるように、反り止めなどもしっかり対応しています。耐久性に優れた塗料を使用しているので手入れも簡単です。


無垢板など一枚板を使用して製作・塗装を行います

無垢板の一枚板には反り止め用の金属棒などは一切いれておりません。それにより割れたりするのを防ぐためですが、その代わりの塗装をしており、ご自身でのメンテナンスもとてもしやすくなっております。


無垢板でテーブル、小物雑貨を製作して塗装

無垢板でテーブル、小物雑貨を製作して塗装で強化しているため長く使って頂くことができます。天然木の良さを生かしたまま強化することができるので最適な状態で使うことができます。


無垢板の樹種に合わせたインテリアを作る

無垢板の樹種に合わせたインテリアをオーダーメイドて作る事ができます。天然木なので同じものは一つもなく完全にお客様オリジナルの家具を作る事ができます。お部屋の空間に合わせて最適なものをご提供致します。


無垢板は天板や塗装された小物雑貨の製作に使われる

無垢板は天板のテーブルなどに塗装された小物雑貨の製作に使用されるものです。種類も様々で、天然木のため全く同じものというのは一つもありません。自分の好みにあう一枚板を見つけてアレンジしてみましょう。


無垢板で手作りの小物雑貨を製作する会社

自手作りで無垢板の小物雑貨を製作することができます。温かみのある小物で家の雰囲気を変えることができます。シックハウスなどの心配もなく利用する事ができるので、お子様にも安心して利用して頂けます。


業務用無垢板塗装カウンターは注文製作がおすすめ

業務用に無垢板を使うのであれば、一つ一つの特徴をとらえて利用することが重要です。一つずつの天然板は表情が違うので、どこにどれを置いて何を魅せたいか考えることも重要で、オーダーメイドが最適です。


サービス業のカウンターに塗装した無垢板を利用

無垢板はサービス業でよく利用されます。味のある空間をテーブルやカウンターでつくりだしてくれます。自然素材のため、塗装した時によるひびの入り方なども一つずつ変わります。メンテナンスも行っています。


無垢板の価格はカウンター製作の塗装をチェック

無垢板の価格は様々で、高いイメージがあるかもしれませんが、体に優しく子供に安心で長く利用する事ができますので、将来性もみて高い買い物ではないかと思います。家のハウスダストなどにも対抗できます。